書籍組版

組版によって、本の仕上がりは大きく変わります。
筆跡に、書いた人の性格が表れるように、
例えば、いつもの書体に別のかな書体を組み合わせることで、
ひと味ちがう雰囲気を持たせたり、
本の内容を、よりわかりやすく伝えることができたり。
私たち北路社では、デザインだけでなく、組版にも重きを置いています。
いつも、丁寧でうつくしい組版を心がけ、その本の品質向上に貢献したいと思っています。

制作フロー

1. お問い合わせ

まずは、お問い合わせフォーム、電話、FAXで、お気軽にご連絡ください。

2. 打ち合わせ

ベストのご提案ができるよう、制作に携わる者が直接お目にかかって、ご要望や出版物の主旨をじっくりとお伺いします。

3. お見積り

必要があれば、打ち合わせ内容に沿ったお見積りを提出させていただきます。ただ、書籍組版の制作ではご予算がお決まりの場合が多く、ご呈示いただいた金額で対応させていただくことがほとんどです。ご予算の範囲内で、可能なかぎりの対応をさせていただきます。

4. 組版サンプル作成

打ち合わせ内容をもとに組版サンプルを作成します。文字数や書体の選定などにより、書籍の印象は大きく変わります。お客様が納得できるまで検討・修正を重ね、著者様・編集者様の意図が伝わるデザイン・文字組を考えます。この段階での設計が、出版物の仕上がりを大きく左右しますので、一番重要な工程だと考えています。

5. DTP作業

決定した組版フォーマットに基づいて、一気にDTP作業に入ります。多くの場合、PDF + メール等によるタイムロスのない校正出しをしております。図版、表組などの作成も対応可能です。時間のない場合など、できるかぎりのご対応をいたします。

6. 納品

必要回数の修正を重ねたのち、印刷所への最終入稿データを作成いたします。PDF形式や生データなど、ご指定の形式でご用意いたします。印刷所からの白焼きなどのチェック後、必要な修正が発生した場合はお申し付け下さい。最後まで責任をもって、対応させていただきます。